働く僕、休む俺

今、思った事、感じた事 素直に書けたらいいな

1人になりたい、今はそう思う。

こんばんは!相葉カイトです!

 

また、間を空けてしまいました。

平和なのは変わりありませんがw仕事も少しづつ忙しくなって来ました。

あれから会社の中が変わりました。

営業の方から嫌味を言われなくなったり、配送とは関係ない仕事を任されるようになったり。

接待と言う所にも参加しました。

イメージしていた接待とは掛け離れていて、なんだろうなーと思いました。

この話は次にでも書こう。

 

今日は、今週のお題をやりたいと思います。 

 

f:id:aiba_kaito:20180321204932j:plain

 

 

 

一人暮らしの思い出と言えば。

 

 

aibanonayami.hatenablog.jp

 

当時お付き合いしていた彼女に逃げられて、仕方なく一人暮らしを始めた思い出ですw

二人で貯めていたお金も持ち逃げwされたので貯金もなしw

本当に当時は辛かったな。

逃げられた事が一番辛かったw

でもね、この時があったおかげで今の奥様に出会えたから悪い事ではなかったと思います。

そして、友人達に感謝しないとね。

僕は、寂しがり屋ですw家に一人で居られなかったんです。

彼女との思い出が詰まった部屋に一人で過ごすなんて出来ませんでした。

仕事が終わったら、友人に連絡をして飲みに行くw毎晩行ってましたw

時にはお店で、時には友人の家で。

泥酔しながら眠りにつく毎日。

今思うとかなり女々しいw今なら喜んで趣味に没頭出来るのにw

それくらい好きだったからなのか。

依存して居たのか。

そんな生活を1ヶ月もしていると1人で家に入れる様になって居ましたw

朝も普通に起きて仕事に行って。

夜はご飯を作ってビールを飲んで映画を見て過ごす。

友達と遊んでも、夜は1人で寝る。

気付けば、1人でなんでも出来る様になっていました。

1人焼肉も経験済みですw1人カラオケもw田舎だとお店が少ないから恥ずかしかったりするんですw

生活していて不安な事がありました。

お金の問題でした。

家賃から光熱費、食費。

給料が安いので、生活するのでいっぱいいっぱいでした。

僕のお金の使い方が悪いのですがw

給料日10日前は毎回15円のもやしに醤油だけと言う生活をしていました。

 

この生活をしていたおかげでいろんな方の優しい一面を見る事が出来ました。

友人であったり、会社の方であったり。

 

きっと、1人暮らしをすると人の優しさに触れる事が出来る大切な社会経験が出来る場面ではないかと思います。

辛い事もたくさんあったけれど、1人暮らしを体験して本当によかったと今は思います。

 

家に帰ったら物家の空でどこかに消えた彼女に感謝ですw

 

 

じゃ、またね。